<< 海軍史著作リストを作りました。 | main | 「イギリス海軍史研究とその利用史料」を寄稿しました。 >>

スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NATO掃海グループ訪問。

Nato visit 1 Nato visit 2 Nato visit 3

NATO艦隊のロンドン訪問にあわせて、戦争研究学科有志による見学会が開催されました。北大西洋条約機構即応部隊常設第二掃海グループ(SNMCMG2: Standing NRF Mine Counter Measures Group 2)の四隻で、伊フリゲート艦グラナティエーレ(ITS Granatiere)を旗艦とする、機雷掃討艦のリミニ(ITS Rimini、イタリア)、セグラ(ESPS Segura、スペイン)、アマスラ(TCG Amasra、トルコ)という陣容。これに本来はドイツ艦も加わります。司令官であるラパリーノ大佐自身も海軍史家で、戦争研究学科のセミナーで昨年発表していただきました。

旗艦のグラナティエーレは、もともとイラク海軍がイタリアの造船所に発注して建造されたものですが、引渡前にイラン・イラク戦争が再燃(1986)してしまい、以後引き取り手がいなかったのをイタリア海軍が安く買い叩いたとのこと。日露戦争直前に日本が購入した、イタリアのジェノヴァで建造されていたアルゼンチン海軍向けの巡洋艦(日本名「日進」「春日」)もそうでしたが、当初機器の説明がアラビア語で書かれていたためだいぶ苦労したんだそうです(「日進」「春日」の場合はスペイン語)。もう一隻訪れたのは同じくイタリアの機雷掃討艦リミニ。ソナーで機雷を探し、リモコン式の無人機やダイバーにより爆破します。ロンドンを訪問する直前には、第一・第二グループ共にフランスのソンム湾での機雷掃討作戦(第二次大戦時のもの)に従事していた模様。

左端は、カナリー・ウォーフ駅近くのWest India Milwall Docksに停泊するSNMCMG2
真ん中は、リモコン式の無人機Pluto Gigas
右端は、リミニ(左)とセグラ(右)

スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • 23:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「イギリス海軍史研究とその利用史料」を寄稿しました。
    高橋信一 (04/20)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM