<< アブストラクトなど。 | main | 海軍史著作リストを作りました。 >>

スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


無事終了!

hudsontrust1 hudsontrust2 hudsontrust3

ハドソントラスト海軍史カンファレンス@オールソウルズ・カレッジですが、大過なく終了しました。二日間で延べ60人を超える出席者に恵まれ、部屋の収容人数を理由に出席希望を断らねばならないほど。オックスフォードでの開催に加え、近年イギリスでは海軍史に特化したカンファレンスが開かれておらず、また隔年開催されている米・豪の海軍史国際会議の開催年でなかったことも幸いしたのか、英米豪を代表する海軍史家に加え、各国の陸海軍士官や院生が一堂に会しました。さらに、ゲストスピーカーとしてティム・ローレンス英海軍中将(アン王女の配偶者!)も。

私の報告は第一パネルの二番目で、コメントのスコアは中将×1、少将×1、教授×1、院生×1。ご自身が「戦略防衛再考(Strategic Defence Review)」に関わっていたからでしょうか、中将のディナースピーチでは「改革」を扱っていた私の研究にも触れてくださいました。フォーマル・ディナーではタキシードとハイテーブルを初体験(タキシードを借りたMoss Brosの不手際で少々苦労しました)。ディナーとデザートの間にはカレッジ内のツアーもあり、チャペルと図書館をストローン教授に案内していただきました。

二日目最後のパネルでは英米豪の著名な海軍史研究者がそれぞれ現代の海軍と海軍史の将来について語りましたが、彼らの関心がアジアにも向けられていることを知り、心強く思いました。カンファレンスを通じて熱い議論が交わされ全体としては成功だったと思いますし、オーガナイザーとして何より大きな問題なく終わってほっとしています。二人の仲間にも恵まれ、これだけの規模のカンファレンスに立ち上げから関われたことは、非常に有益な経験となりました。

スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • 23:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 「イギリス海軍史研究とその利用史料」を寄稿しました。
    高橋信一 (04/20)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM